HACHI NOTE

Enjoy your Tokyo life.

人生って何すればいいんだかわからない

f:id:hachi8x8i:20180401211437j:plain

人生って何すればいいのかなあ。とよく思う。今に始まったことではなく、社会人になったあたりからずーっとそんなことを考え続けている。

28歳、独身(こう書いてみると何やら切迫感がある)。結婚して家庭を持てばいいのか?仕事に邁進すればいいのか?頑張って両立するのか?

 まず結婚について。相手がいない。婚活すればいいって?ネットで知り合った人と会ってみたり、習い事をしてみたことはある。デートも何度かした。でも続かなかった。相手は普通にいい人達だったけど、「次も会いたい」とか「この人と関係を続けたい」という気持ちが全く湧いてこなかった。どうも私は「はいどうぞこの人と恋愛してくださーい!」という状況になると恋愛したくなくなる困った性格のようだ。といってもこれはむしろ一般的な傾向で、婚活して成功する人は恋愛というより明確に結婚したい人達なのだろうと思う。私は安心したいとか居場所がほしいという気持ちは強いけど、現実的に結婚したいわけじゃない。結婚生活は現実そのもの。今は平穏に暮らしているが昔は喧嘩ばかりしていて、愛情というより打算と惰性でここまで来た(ように見える)両親を見ていると、結婚イコール幸せ、とはとても言えないとも思う。結局は本人次第だ。

 

じゃあ、仕事?バリキャリとかいうやつになる?働き方については自分なりにかなり試行錯誤をしたし(参考:大企業正社員を辞めて派遣エンジニアになった感想① - HACHI NOTE)、今のエンジニアの仕事はわりと気に入っていて続けていこうと思っている。でも私にとってこれは生計を立てるための手段であって目的ではない。そもそも、ビジネスで成功したいとか世界を変えたいという野心が全くない。そういう意味では自分というものがない。どちらかと言うと、やりたいことがある人達の手伝いをすることにやりがいを感じる(そこまで献身的な人間ではありませんが)。

しかし会社やそこにいる人達のために一生懸命働いても、私は彼らの一番にはなれないということはよくわかっている。一番どころか十番以内にすら入れないだろう。立場や役職に関係なく、会社は仕事をする場所なんだからそれは当たり前のことだ。仕事の人間関係というものは淡々としている。それが快適でもあり虚しくもある。

生活の糧を得るための仕事とは別に、ライフワークみたいなものがほしいなあとよく思う。前者の仕事も嫌いではないけど、もうひとつほしい。そしたら両方を行ったり来たりしてバランスが取れる。

 

ここで多くの人が考え付くであろうことを私も考えた。

・・・そうだ、趣味をやろう!

と思い付いて色々とやってみた。ヨガ、バイオリン、ピアノ、日本舞踊、英会話、プログラミング、カメラ、など。結論から言うとこちらも最短で一日、長くても半年くらいしか続かなった。まあ楽器は昔からやっていて好きだし今も時々弾くから正確にはやめてないんだけど。なんかね・・・単純に億劫なんですね。趣味そのもの以上に、土日に頑張ってよく知らない人と会うというのが。趣味=楽しいもの、という前提がよくないのかもしれない。社交の場に行っても緊張して楽しめなくて、これ給料出ないとやってらんないな、と思ってしまうことすらある。

趣味って頑張ってやるものなのかな・・・という疑問がふつふつと湧いてくる。

 

それはそれとして、私は日記をほぼ毎日、かれこれ15年ほど付けている。日記というよりはその日思ったり感じたことを書きなぐる感じ。半分以上が愚痴である。これは義務感で続けているのではなくて、書いて吐き出さないと苦しいからずーっと続いているというもの。日記中毒。同様に読書も暇さえあればやっている。自己啓発のためでは更々なく、頭の中が手持無沙汰だから。でも友人知人と話してみると、みんながこういう習慣を持っているわけではなく、日記を書くと話すと書かない人からは「偉いね」と言われたりもする。逆に私は運動をしなくてもあまり気持ち悪いとは思わないのだが、人によっては体を動かさないと気持ち悪いと感じるのだろう。

 

「好きを仕事にしよう」と近頃よく言われる。とてもいいことだと思う。ただ、好きなことというのは意識的で取って付けた感がある。やらないと苦しいこと、ついついやってしまうことの方がその人の本質に近いんじゃないだろうか。

そう思って、とりあえず今はもう少し書くことを集中的にやってみようかなと考えている。

まあ、あまり深刻にならず、色々とつまみ食いをしながら。